CASE

解決事例

[飲食店の行政手続き]

【風俗営業許可1号申請/フィリピンパブ】許可申請事例

K様

K様

東京都の墨田区にて風俗営業1号申請(フィリピンパブ)をした事例です。

K様

ご依頼の経緯と問題点

以前勤めていたお店が閉店して仲間同士でフィリピンパブをすることになった。日本人の仲間が代表になる予定だったが仕事が忙しくてなかなか手続きが進まなかったため、フィリピン人である自分がオーナーになることになり依頼した。

解決策の具体的展開

初めて自分がオーナーとして経営されるとのこと。
とても不安そうだったのを覚えています。

最初にお店にお伺いした時に、許可がおりるのかどうかを確認させていただき、その後、スケジュールとお見積りの説明を致しました。開店準備のために、どこのカード会社がいいのか一緒に探させていただいたり、不動産会社との折衷もさせていただきました。

日本語はとても上手でしたが、法的な事に関してはとても不安を感じてらしたので、私もできるだけサポートさせていただきました。

許可もスムーズに取得することができましたし、従業員の方が今後永住許可を取るためにどうすればいいのかのアドバイスもさせていただき、ワクワクする未来のお手伝いをさせていただきましてありがとうございました。

ネットで知り合ったので不安でしたが、いい人でよかったです。またよろしくお願いします。

K様(東京都・50代)

K様(東京都・50代)

【風俗営業許可1号申請/フィリピンパブ】許可申請事例

CONTACT

お問合せ

何かご質問やご相談がございましたら、お気軽にお問合せください。
専門スタッフが丁寧に対応いたします。

070-8502-8147

平日8:00~17:00

メールから相談する

24時間365日受付

LINEから相談する

友だち登録後お問合せください。

対応地域

東京都|神奈川県|埼玉県|千葉県

初回相談は
無料です

CONTACT

お問合せ

何かご質問やご相談がございましたら、お気軽にお問合せください。
専門スタッフが丁寧に対応いたします。

070-8502-8147

平日8:00~17:00

メールから相談する

24時間365日受付

LINEから相談する

友だち登録後お問合せください。

対応地域

東京都|神奈川県|埼玉県|千葉県